ビジネス文書の宛名に付ける敬称


ビジネス文書の宛名に使われる言葉には、実に多くの種類が存在します。とりわけよく使用される言葉は「様」や「殿」のような相手のお名前の下に付ける言葉ですね。

これらの言葉の総称を、相手への敬意を払うという意味合いで「敬称」と呼んでいます。

敬称は、使い方で大きく分けると氏名の下に付ける敬称と単語の頭に付ける敬称、この2つに分類することができます。

 

①氏名の下に付ける敬称

 

一般的に良く使用される言葉は『様・殿・御中・各位』といったところになるでしょうか。

「様」や「殿」は目上、目下や男女に関わらず広く一般的に使用される敬称で、最もポピュラーな部類に入る敬称でしょう。

 

「御中」は会社などの組織そのものに対して付ける敬称です。その組織内の全ての人、という意味合いになりますので、例えば御中を使用したすぐ後に特定の役職や名前を書くと敬称を重ねてしまうことになるので注意するようにしてください。

 

「各位」は同じ文書を複数の方々にお知らせする際に使用する敬称です。たまに各位「殿」といった表記を見ることがありますが、これは誤りです。「各位」そのものに皆様という意味がこめられていますので個人に使う敬称を並列して使用することはありません。

 

②単語の頭につける敬称

 

これも様々な言葉があり、代表的なところでは「御」、「貴」、「尊」などの敬称でしょうか。

相手の会社の事を「御社」と書いたり、「貴社」と書くことは一般的ですし、「尊父」など個人を敬う意味での敬称としても思いられています。

 

ちなみにこれは敬称とは意味合いが異なりますが、相手の企業・団体の「株式会社」や「社団法人」を㈱や(社)と略して書いてはいけません。社名を略すことは非常に失礼なことに当たりますのでご注意ください。

 

 

普段何気なく使用している敬称ですが、このように非常に沢山の種類があり、なおかつそれぞれ独自の意味合いをもった言葉ですので、一つ一つどのような場合に用いるべきなのかを知っておくことは重要ですし、また間違えてしまうと相手にとって失礼にも当たりますので十分に注意して使うようにしたいですね。






私たちがお手伝いします!! ビジネス挨拶状印刷.comスタッフ一同

ビジネス挨拶状印刷.comスタッフ一同


作り方や料金など何でもご相談ください。