おかげさまで累計出荷実績361,104件!
用途別ビジネス挨拶状を豊富な文例から選べます!

  • 再注文
  • ログイン
  • カートの確認
  • トップ
  • 文例・カテゴリ一覧・ご注文
  • 価格表
  • ご注文の流れ
  • 納期・発送・支払い
  • よくいただくご質問
  • 運営会社・スタッフ紹介

退職・転職の挨拶状はいつ、誰に送ればいい?


ご自身のキャリアアップや人生の節目での大きな転機のひとつが退職・転職です。こういった大切な出来事についてはお世話になった方々へ感謝の気持ちをお伝えする、という意味でもきちんと挨拶状で連絡をしたいものですね。

 

退職・転職の挨拶状はいつ頃、誰にあてて送るのが最も良いのでしょうか?

まず挨拶状を送る時期についてですが、退職や転職の時期やバタバタしてて送るのが遅くなってしまった、ということもあると思いますが、基本的には退職日・転職日の1ヶ月前を目処に出すのが通例とされています。

 

遅くなったとしても少なくとも退職・転職をした日から3ヶ月以内までに出すようにしましょう。あまりに遅いと「何を今さら」というイメージを持たれてしまいますので、その期間で出来る限り早い時期が良いでしょう。

特に退職や転職の挨拶状は社外の方にも出すものですので、ルーズな面がある方だなという印象をもたれないようにすることも大切なことです。

 

退職や転職については日にちが早いうちから分かることがよく有ります。かといって決まったらすぐ出すというのも考えものですが、先ほどの「1ヶ月前」を基本にすれば問題無いと思います。会社間の取引での調整作業もありますし、先方にも適度な余裕を持っていただくことができます。

営業をやっている方の中には既存のお客さまに対して早めのアプローチをするという意味で、転職が決まった時点ですぐに挨拶状を送るケースもあるようです。この場合は送る相手をきちんと選ぶ必要がありそうですね。

 

次に送る相手ですが、これについてはあまり難しく考えず、大きい会社、小さい会社に関わらずまずは長年個人的にお世話になった方に心を込めて挨拶状を送るのが良いと思います。同じ会社で複数のお知り合いがいるケースでは、連名にせず、それぞれ別々に出すほうが丁寧で良いでしょう。

また仕事上だけでなく、丁寧な方ではご友人やご親類といった親しい方へ出す方もいらっしゃるようです。

 

ともあれ大切な節目となる出来事ですのできちんとリストアップして、漏れのないように心がけましょう。

 

私たちがお手伝いします!! スピード印刷センター ビジネス挨拶状印刷の専門店スタッフ一同

スピード印刷センター ビジネス挨拶状印刷の専門店スタッフ一同


現在の出荷情報

14時までのご注文で

最短翌日出荷 詳しくはこちら>

お問い合わせボタン

かんたん見積り

再注文はこちらから

お客様の声

全国から寄せられた手書きのお客様の声431件>>

新規会員登録

同時注文5%OFF!

会員特典のご紹介

文例・カテゴリ一覧

オリジナル文章

用紙について

書体サンプル

宛名印刷・手書き筆耕

オプション

ご利用ガイド

挨拶状印刷の専門店について

営業時間

受付時間:9時30~17時
定休日:土・日・祝



トップへ戻る